グループウェアの導入事例について

グループウェアを実際に導入した事例には、以下のような物があります。

ある運輸業では、「販売管理システムを統合して、投資を効率化したい」「サーバーのBCP対策と、国内各地の拠点との意思疎通を両立させたい」という課題がありました。
この事例において、グループウェアを導入した結果、簡単にカスタマイズできるシステムに統合され、コストも削減できました。

また、サーバーをクラウド化したことで、災害に強くなり、情報共有もしやすくなりました。



ある製造業では、ITには本業を支える力があるということに早くから気付いており、活用に取り組んでいました。

「遠隔地との業務をスムーズに行いたい」「システム運用とサポートの体勢を盤石にしたい」「それぞれの拠点にあるドキュメントやスケジュールを共有して管理したい」という課題がありましたが、この事例にグループウェアを導入したところ、距離に影響されず、情報共有ができるようになりました。また、自社の倉庫で管理している取引先の在庫の出荷作業において、簡易かつ迅速に行えるようになりました。


そして、スムーズな電子承認とスケジュール管理も可能になりました。



ある介護施設では、「より安全なシステム運用と、BCPの強化」「社会福祉法人特有の、広範な業務の効率化」という課題を抱えていましたが、まずデータセンターで運用することにより、管理の手間が削減されました。


次に、システムを最適化することで、予算計画や給与計算もスムーズになりました。