グループウェアの導入事例について

仕事の流れややり方と言うものは、大筋では同じでも細かいところを見て行くと実に様々な違いがあるものです。
その様に多様性に富んだ会社の仕事に画一的なグループウェアを導入するというのは実は非常に困難なことであるというのが現実的な問題として存在しています。

そのため成功した導入事例を学ぶことで自分の職場にとってどのようにするのが最良であるのかを検討する必要があります。

まず最初にはっきりさせなければならないのはグループウェアと言うものはあくまでもビジネスツールであり、どう使うかを考えるべきものであり使われるものではないという点にあります。



導入に成功した事例ではグループウェアの何らかの機能を現在抱えている問題の解決のために利用し、他の機能についてはついでの機能として割り切っていたという事例があります。

NAVERまとめの情報が必要なタイミングで手に入ります。

これはビジネスツールとして使うという側面を強調した結果です。

一方でグループウェアが提供する仕組みの方に自社の仕事の仕方を合わせるという方法を採用した事例もあります。
これは一般的には失敗するケースに多い方法なのですが、仕事に決まった流れが存在しておらず、人の数だけ方法が存在している様な混沌とした状況を改善するために活用されます。



現在の仕事の流れを全て廃止してグループウェアに合わせた仕事の動かし方に再修正することで業務手順の統一を図ろうとする荒療治です。
殆どのケースで動きにくさが感じられるために不評となりますが、流れの統一と言う目的のために活用する事例としては成功となります。