エコカラットで東京の新築住宅も安心

東京で住宅リフォームによく使われるエコカラットは、新築住宅でも人気の壁材です。



表面に微細なでこぼこがある多孔質のタイルには室内の湿気を調節し、過ごしやすい湿度を保つ機能があり、ニオイも吸着してくれる脱臭機能があります。
そのほかにも、エコカラットを東京の新築の家に使うメリットは、空気中の有害物質を吸着する効果がある点です。



シックハウス症候群の原因と考えられている揮発性有機化合物にはホルムアルデヒドがあります。
機密性の高い家の中で、この濃度が高くなると、体調に異常が起きることもあることは有名です。
しかしエコカラットを施工した東京の家では、リスクはずっと減ります。

空気中のホルムアルデヒドやトルエンなどを吸着する効果があるため、室内の有害物質の濃度を下げることができるからです。



そのためとくに小さな子どもに影響が心配な新築住宅でも安心です。
またエコカラットを東京の家に貼るときに使う専用の接着剤「スーパーエコぬーるG」のおもな成分はアクリルエマルジョンで、ホルムアルデヒドやトルエン、キシレンなどは使われていません。
新築住宅の室内の空気がこもるとニオイが気になるものですが、この点も安心です。エコカラットは、東京の新築の住宅を住みやすくしてくれる壁材です。


年間をとおして過ごしやすくする調湿機能や脱臭機能を持つほか、有害物質を除去し小さなお子さんがいても安心して住むことの出来る健康的な家にできるでしょう。